エロ話題

20231030


0001:

ヤミ金業者にカネを借りて返さなかった人たちの末路

 SNSのタイムラインに突然、「この人を探しています」と顔写真つき投稿があらわれて驚かされることがある。行方不明の知人や家族を探している切実なユーザーの投稿があれば、なかには「●●万円持って逃げました」「犯罪者です」などのコメントがついた不穏な内容が書き込まれていることもあり、近ごろはそういった情報ばかりを掲載する専門掲示板もある。ライターの宮添優氏が、なぜ不穏な投稿がなくならないのか、についてレポートする。

「その写真にうつる裸の女性は確かに私の妹でした。最初は、いわゆる”リベンジポルノ”だと思ったんです」

 北部九州在住の会社員・青木直也さん(仮名・20代)は昨年「妹の裸の写真がネットに出回っている」と知人から連絡を受け、驚愕した。妹は、高校卒業と同時に家を出て、関西の学校に進学。卒業後もそのまま関西エリアで一人暮らしをしながら働いている、はずだった。青木さんはすぐ、妹が何かのトラブルに巻き込まれたと考えた。しかし、そこには大きな違和感も感じたのだ。

「写真は、妹が半裸で写っているものが2枚ありました。見るのもつらかった。ただ、そのうちの一枚は、自分の免許証を持ってカメラに映るよう向けており、脅された可能性もあるものの、その写真が自撮り風なことに違和感を覚えました」(青木さん)

 青木さんが注目したのは、写真の中の妹が、誰かにやらされているというより「自らすすんで撮っているように見えた」ということだった。迷いつつも両親には告げず、まず妹に連絡を取った青木さんだったが、妹の発した言葉に、青木さんは言葉を失った。

「妹は、友人に”返さなくてもいいヤミ金がある”と聞いたらしく、そこで10万円を借りたものの、その後の催促には一切応じず逃げている、とのことでした。もちろん、自分の裸がネットに出回っていることも知らない様子でした。どうにか解決してやりたいのですが、大泣きした後に激高し、兄貴には関係ない、どうせ誰も見ていない、結婚したら姓が変わるなどといって話にならない。こちらが心配していることも一顧だにしない」(青木さん)

 問題の写真がアップされていたのはSNSと、ネット上のとある掲示板だった。その掲示板は、写真や動画とともにその被写体の個人情報を記した投稿が並ぶ、異様な雰囲気を放っている。

全文
NEWSポストセブン
 

ezgif-5-80c08e183d







【妹「ヤミ金から借りた金は返さなくていいッ」→ 報復に裸の写真をネットにバラ撒かれる】の続きを読む

このページのトップヘ